押して、もんで、気分快適、不調が治る、足もみ健康法

足もみ健康法とは
足の裏の地図帳
足のもみ方
力の入れ方・手の形
もむ順序
守ってほしいこと
器具や道具の選び方
健康足踏み板とは
効果絶大の裏技
 効果絶大の裏技

「健康足踏み板」も、手でもむときと同じように基本の反射区からもみます。といっても、1辺30cm真四角の健康歩道のはしっこにある突起(2ヶ所だけ大きい)に両足の真ん中、ちょうど腎臓の反射区をのせることから始めます。
これは効きます!最初は痛くてできないかも。そういう場合は無理をせず、バスタオルを掛けて調節します。少しずつタオルの枚数を減らしていき、最終的にそのまま踏めるようになりたいですね。椅子にかけながら行うのもいいですよ。

デリケートな足の内側は、突起を使って横から刺激をします。もっとも効くのは、親指のもみ方。健康歩道のはしっこに特に小さい突起が一つあります。そこに左足の親指のまんなか、反射区でいうと脳下垂体のゾーンをのせ、何かにつかまりながら、右足で左足の親指の上から体重をかけてあげます。まさに目が覚めるとはこのこと。お疲れ気味の方におすすめの裏技です。
足もみ健康法「健康足踏み板」はこのサイトを立ち上げて以来、大人気で、すでに1,000人以上の方が愛用されています。健康回復はもちろん、ダイエットにも効果がでているようです。

足もみ健康法「健康足踏み板」はこちらでお分けしていますのでどうぞご利用ください。


トップページへ戻る
copyright © 1997 wellnessplaza (info@ashitsubo.com) All right reserved